NEWS

お知らせ

View More

2021.12.22

12月お誕生日会

 

今回は12月の誕生会の様子の紹介をします。

つき組では、保育者が誕生会のプレートを用意すると誕生会が始まることに気付き、プレートの周りに集まったり、自ら椅子を持ってきて座る姿が見られました。先月の誕生会の際に「僕もやりたい!」と保育者に話し、室内遊びの中で自ら椅子を用意し、誕生日の歌を歌って誕生会のごっこ遊びをしながら今回の誕生会を心待ちにしている様子でした。誕生会当日は保育者やお友だちと一緒に歌ったり、お祝いの言葉を話したり拍手をし、一緒に祝うことを楽しむ姿が見られました。誕生日カードを受け取ると嬉しそうに眺め、お友だちの「見せて!」という言葉に「じゃーん!」とカードを広げて見せて、喜びを共有していました。子どもたちの嬉しい気持ちに共感し、お友だちと共有したいという気持ちに寄り添い、必要に応じて代弁しながら子ども同士の関わりを通して温かい雰囲気の中でお祝いする心地良さを感じられるよう援助していきました。保育者からの出し物は、乗り物への関心が高まっており、日々の生活の中でこの歌を口ずさむ姿が見られた為、視界から感じることでより歌のイメージを楽しむことが出来るよう“かもつれっしゃ”のカードシアターを選びました。保育者やお友だちと一緒に歌を口ずさんだり、知っている動物や食材、色を答えながら参加する様子が見られました。子どもたちの伝えたい気持ちに寄り添い、「そうだね、○○がいたね。」「次は誰かな?」と共感する言葉掛けをし、動物や食材への興味へと繋がるような関わりをしていきました。

 

そら組では、保育者が誕生会の準備を始めていることに気が付くと「誰のお誕生会するの?」と興味を示し、わくわくした様子で保育者に尋ねる姿が見られました。誕生会が始まると興味津々に誕生児への「好きな食べ物はなにかな?」等の質問をしたり、それに対し「パイナップル!」と答えている誕生児の姿を積み木をカメラに見立てながら撮影していました。歌は“たんたんたんじょうび”に加え、子どもたちから“ハッピーバースデートゥーュー”の歌のリクエストがあり、みんなで手拍子をしながら順番に歌い、お祝いしました。楽しい雰囲気の中で行うことができるよう、一人一人の気付きや思いに対し丁寧に応答していきました。保育者からの出し物では、子どもたちが普段からよく歌っていたり、生活の中で色への興味を持っていることから“どんな色が好き?”のペープサートにしました。出し物が始まると知っている色を答えながら一緒に歌い、何度も「もう一回!」と伝えたり、集中して参加していました。子どもたちの楽しさや「もう一度見たい」という気持ちを受け止め、満足するまで行いました。

 

 

「みんなの頭の上にあるものは何?」

エリート社員である大樹は、自分にはなくて仲間には有る、

「あるもの」を見つけた。新しい保育園に関わることで

その謎が明かされてゆく…。

プライムスター保育園グループの

保育ショートムービー第二弾!

♡ハートの種明かし♡

https://www.youtube.com/watch?v=OP-42fdGT78