Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

7月(文月)の装飾

今月のテーマは七夕です。 今でも広く親しまれている七夕は、別名「笹の節供」、「星まつり」と言われています。 日本では、機で織った布を祖霊や神にささげたり、税として収めたりしていました。 水の上に棚を作って機を織ることから、これを「棚機」(たなばた)と呼びました。 そして、7月7日の夕方を表して(しちせき)と呼ばれていたものが、棚機にちなんで七夕(たなばた)という読み方に変わっていったのです。   今月は、笹、短冊、五色の巻紙、神衣、折り鶴を飾っています。 106   子どもたちは、五色の巻紙や神衣、折り鶴を触り、 109   「あかとくろと・・・」と色の名前を言ったり、 105   「これなーに?」と覗いてみたり、 109   「かわいいお洋服だね」と笑顔も見られました。 108 110   願いの書いてある短冊では、「どれが〇〇ちゃんのー?」と聞いたり、「これ〇〇ちゃんのだよ」とおともだちや保育者に伝える姿も見られました。 108   みんなの願いが叶うといいですね。