Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

~つき組の様子~

1年間過ごし親しみがあったほし組のお部屋から、つき組の新しい環境となり1か月程が過ぎました。保育者との愛着形成を構築している中で新たな環境にも慣れ安心して生活する姿が見受けられています。

今週はつき組さんの生活の様子をお伝え致します。

食事面では、手づかみや試行錯誤しながら食具を使い食べるようになってきました。空腹を自分で満たそうと食事が始まると意欲的に口に運んでいます。

食具ですくったスープがあふれると、お皿に顔を近づけたり、手を添えてゆっくり口に運ぶ姿が見られています。また「にんじん」「ぎゅうにゅう」など、食べ物の名前を発することもあり、食に対する興味が高まっています。

安心できる保育者との食事を通し、食事の空間が楽しいと感じられるよう温かい言葉掛けを掛けるようにしています。


お昼寝はお布団からコットに変わり、始めはコットに慣れず戸惑いも見られましたが、少しずつ体を休める姿が見られます。

お昼寝前には安心して入眠できるよう、また質の高い睡眠が得られるよう、保育者と共に絵本を読んでいます。興味のある絵本を手にして読んで欲しい、一緒に読みたいと保育者を求める姿も見られます。

睡眠は24時間のリズムを見てお昼寝の時間を設けています。夜の睡眠に支障がでないようお昼寝の睡眠時間を調整しています。


お昼寝前にはパジャマに着替える事から、着脱にも興味・関心がみられ、自分でやってみようという意欲が高まっています。「よいしょ、よいしょ」と発しながら、ズボンをあげたり、保育者がさりげなく「おしりの方もあげてみよう」と声を掛けるとおしりの方に手を伸ばして試行錯誤しながら着脱をしています。

子どもの試行錯誤する姿や、自分でやってみたいという気持ちを尊重し、丁寧な関わりを通して健康で安全な生活が出来るよう、温かく見守っていきたいと思います。

つき組さんでは自己主張が強く出て来て「着替えたくない」と訴える姿も見受けられますが、子どもの主張に耳を傾け、時間をかけて向き合う関わりをしています。子どもたち一人一人の気持ちを理解し寄り添った関わりを大切にしていきたいと思います。

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!

☆彡 プライムスター保育園グループPV

☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』