Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

8月室内装飾『お盆』

 

 先週はお盆でしたね。保育園の玄関にお盆をテーマにホオズキ、精霊馬、精霊牛、盆提灯を飾りました。

玄関に飾る前に、きゅうりの精霊馬とナスの精霊牛の足として、割り箸を一緒に付けてくれたお友だちもいました。「これはきゅうりのお馬さんなんだよ」とお話しすると、「お馬さんなんだ!」とやりとりをする姿も見られました。

  

保育者がお部屋に運ぶと興味津々で近づくほし組のお友だち。じっと見つめたり、「お!」と声を出して発見を保育者に伝えていました。最初は少し距離を置きながら観察していた子ども達でしたが、保育者が触れている姿を見て手を伸ばし始めていました。

ホオズキの皮を破いて中の実を見てみました。パカッと開いた中からオレンジ色の実を見つけた瞬間表情が変わり、更に興味を持ったことが伝わってきました。

  

 ほし組が観察している様子をお部屋から窓越しに覗いていたつき組とそら組のお友だち。待ってましたと言わんばかりに早速手に取り観察を始めていました。

  

目の前のきゅうりの精霊馬を見てこの表情です。他にも「こんにちは!」と馬や牛の黒子になってやり取りを楽しむ姿も見られていました。

  

ホオズキの実に魅力を感じた様子だったので、「図鑑に載っているかな?」とそっとつぶやいてみると図鑑を開き探しはじめました。保育者と一緒にホオズキのページを見つけると、持っている物と見比べています。中には、「トマトみたいだね!」と素敵な発見をしたお友だちもいました。

 

さらに観察は続きます。今度は持っていた実を潰してみる子もいました。沢山の種と実の水分が出てきて、その様子を顔を近づけて見ていました。途中何か不思議な匂いがすることに気付き、手の匂いを嗅いでいました。「どんな匂いがする?」と聞いてみると、慣れない匂いだったようですぐに自分で手を洗っていました。

他にも、おままごとのスプーンを持って試行錯誤する姿が見られていました。子ども達の数だけ考えや視点は異なり、そのどれもが素敵だなと感じます。

    日々の生活や遊びの場面においても、一人ひとりの違った考えや発見を丁寧に受け止め、全員が伸び伸びと生活できる環境を大切にしていきたいと思います。

  

  

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!

☆彡 プライムスター保育園グループPV

☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』