Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

8月のお誕生日会

  

 8月はほし組1名、つき組1名のお友だちがお誕生日会を迎えました。今週は先日行ったお誕生日会の様子についてお伝えします。 

   

 ほし組のお部屋では、お誕生日の歌に合わせて出てきた大きなケーキに興味津々の様子で身を乗り出して見ていた子ども達。いちごがあると気付いたお友だちは、「ご!(いちご)、パク!」と口に運ぶ動作をしたり、保育者が「おめでとう!」と言ってパチパチと拍手をすると保育者の真似をしてパチパチと手を叩いたりしていました。

他にも、「お花が笑った」や「ちょうちょ」、「きらきらぼし」の歌に合わせて出てくる出し物に身体を揺らしたり、じーっと見つめて観察したり、触れようと手を伸ばす姿も見られました。

最後にプレゼントのお誕生日カードを見せると、写っている写真を見て嬉しそうな笑顔が見られました。満足そうな表情を見る事が出来て嬉しく思いました。

保育者が口ずさむ歌や簡単な動作を聞いたり、見たりする中で模倣する姿が増えています。温かい関わりや優しい眼差し、声掛けを通して安心感を抱き、身近な大人と気持ちを通わせることの心地良さを感じる経験を積み重ねていきたいと思います。

 

 つき組、そら組のお友だちは玄関に飾ってあるお誕生日のお友だちのボードに気付きお友だちの名前を呼んだり、送迎の保護者の方や保育者に「おめでとう」と声を掛けてられて満足そうな表情を浮かべたりしていました。お誕生日を通して自分以外のお友だちの存在に興味を持ったり、自分に向けられる愛情いっぱいの眼差しに気付いたり、子ども達にとって特別な日になっているように感じました。

  

もちろん子ども達のお誕生日は保護者の方にとっても特別な1日だと思います。懐かしい日々を思い出したり、一つひとつの成長を振り返ったり・・・。私たち保育者も保護者の方と一緒に特別な毎日に寄り添い、子ども達の成長を温かく見守っていきたいと思います。