Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

食事

 

  

 

今回は各クラスの食事の様子についてお伝えします。

“食事”とは子どもの生理的欲求を満たす大切な場面です。園では主に愛着形成を築いている担当保育者が食事の介助を行っています。 子どもたち一人一人が安心できる雰囲気の中で心地よく欲求を満たしていけるよう個々に寄り添った言葉掛け、援助を行っています。

 

ほし組では手で掴んで食材の感触を確かめたりする姿や保育者がスプーンを口元に近づけると大きく口を開けて意欲的に食べる姿が見られます。「美味しいね」「柔らかいね」等、気持ちの代弁をしながら関わっています。子どもたち一人一人のペースと食べることへの意欲を大切にしながら温かい雰囲気の中で食べる楽しさを育んでいきたいと思います。

    

 つき組では手掴み食べや食具への興味・関心が高まり、自ら食具を使って食事をする姿が見られます。一人一人の食事方法、ペースに寄り添い必要に応じた援助を行いながら安心して食事ができる環境を整えています。子どもたちの気持ちを受け止め「美味しいね」と共感する声掛けや食材の名前や味付けを言葉で伝えていくことで楽しんで食事をする姿が増え、食への興味・関心が高まるよう関わっています。

   

そら組では最近食材の名前を覚え保育者に「にんじん!たまねぎ!おにく!」と食べながら伝えてくれる姿が見られるようになりました。「どんな味がするかな?」「美味しいね」等の声掛けをそばで行いながら見守るように心掛けています。「先生、見て!」と言いながら食べる姿も見られるようになってきました。その都度「じゃがいもが入っているね」「どんな味がするかな」等、食材や食べることへの興味・関心が深まるようにしながら一人一人が“食事の時間が楽しい”と感じられるよう心掛けています。

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!

☆彡 プライムスター保育園グループPV

☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』