Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

鏡開き

今週、鏡開きを行いました。

鏡開きとは、1月11日に行い、正月に供えた鏡餅を砕き、おしるこなどにしていただきます。

        

      

ほし組では、保育者が「ぺったんするんだよ」と伝えると興味を示し、手を伸ばす姿が見られました。

「やってみたいね」と保育者が気持ちを代弁しながら過ごしています。

    

つき組は、そら組のお友達と一緒に行ったので、そら組が割っている様子を見て、「やってみたい!」と興味を持っていました。

         

徐々にひびが入っていくのを「わぁ!割れてきたよ!」と見守り、割れたお餅に触れ、「かたいね」と感じたことを言葉にしていました。

       

子どもたちの気持ちに共感し、「かたかったね」や「われたね」と声を掛けながら過ごしました。

        

そら組は、「お餅トントンするよ」と伝えると、「早くやりたい!」や「見たいね~」、「エプロンつける?」とお友達と話したり、興味を示していました。

          

鏡開きでは、園長先生の話を「トントンするんだよね!」と言いながら聞いていました。

         

園長先生から「トントンしてみる?」と聞かれると、「やる!」、「トントンする!」と元気に答え、順番で保育者と一緒にお餅を叩きました。

        

割れたお餅を触り、「食べられるの?」と聞く姿も見られましたよ。

      

「焼いたりしたら食べられるよ」と伝えると、その後のおままごとでは、玩具をお餅に見立てて、トントン叩き、「お餅焼けたよ!」と遊びに取り入れていました!