Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

言葉が増えてきました!〈ほしぐみ〉

最近、身近なものや自分の気持ちを少しずつ言葉で表現する姿が見られるようになってきました。

お散歩ではバスや犬、電車など絵本や図鑑で見たものを見つけ、「ワンワン!」「しゃ!(電車)」など指差しをしながらお友達や保育士に伝えてくれる姿もあり、絵本で見た物を実際に自分の目で見れることが嬉しいようです。

また、「お散歩に行こうかな」とつぶやくと自分の上着を取りに行ったり、眠い時、食事の後、自分の布団を見つけた時に「ねんね」など自分の気持ちを言葉にすることが増え、少しずつ見通しを持って生活ができるようになってきました。

一語に込められている思いを汲み取り、言葉を補って丁寧に返していくことで、伝えたい・聞いてもらいたいと表現する意欲を高めています。

少しずつやりとりができるようになり、嬉しそうに表現する姿を見ていると、こちらも嬉しくなりますね。

日々のやりとりの中で、子どもたちの発見や感情を丁寧に言葉にしていくことで、思いが通じ合う喜びを感じ、今後の友達とのやりとりに繋げていけたらと思います。