Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

新年度・4月の室内装飾

新入園児の皆様、在園児の皆様、進級・入園おめでとうございます。

新年度を迎え、慣らし保育も行っております。  初めての場で不安もあるかもしれませんが、子どもたち一人一人が安定して過ごしていけるよう関わり・寄り添っていきたいと思います。

今週はほし組さんの様子をお伝え致します。

一人ひとりの月齢や発達段階に応じてつかまり立ちやはいはいをして探索をしたり、近くの玩具を手を伸ばし触れてみようとしたりと様々な姿が見受けられます。不快を感じた時はたくさん泣き、不快を一生懸命に訴えています。

どんなことが不快なのか一人ひとりを観察しながら心地よく過ごしていけるよう保育者も関わり、寄り添っていきたいと感じます。

慣らし保育中では子どもたちが保育園の中での  「安全基地」ができるよう大事な期間としています。

保育者の姿をじっと見つめたり、目で追う姿もあり子どもたちからのサインを受け止め、どんな気持ちでいるのか感じながら安心できる場になれるよう関わっていきたいと思います。

これから、子どもたちの様子や発達段階・子どもにとって保育園で大切にしていることなど発信していきますのでご覧下さい。

また、4月の室内装飾を展示しております。

テーマは「清らかに生き生き育つ美しい季節の草花」です。4月の暦は「清明」と言って不安定だった天気が落ち着きあらゆるものが生き生きすると意味します。春の草花を展示しておりますのでご覧になってみて下さい。

展示物はたんぽぽ・ゆきやなぎ・ネモフィラ・たけのこです。

たんぽぽの絵本を設置しており、保育者と「同じだね」と共に観察したり「ぽぽ」と言葉にして興味を示しておりました。

毎月、日本の古来の行事や季節の植物など展示し興味・関心が抱けてたらと思いますので触れてご覧になってみて下さい。