Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

保育室の環境設定について

 新年度が始まり、3週間ほど経ちました。最初の頃は新入園児さんはもちろん、進級児さん達も新しい環境に戸惑っている様子でしたが、最近ではすっかり慣れ、それぞれのお部屋で自分の好きな遊びを見つけて楽しむようになりました。今回は、各保育室の環境設定についてお伝えします。

ほしぐみ

 それぞれのコーナーが重ならないように配置しました。ままごとコーナーは、つき組さんそら組さん同様、本物のお皿やお鍋を用意しましたが、遊び方には違いがあり、フェルトはぽっとん落としに使ったり、カラーチェーンはカチャカチャという音を楽しんだり、お皿やボウルなどへの出し入れをしたりして、発達に合わせた遊びを楽しんでいます。また、今年は4月からプラステンを置くことで、指先を使って、穴に通す遊びも始まりました。

つき組

 ままごとコーナーは広めにし、活発に遊ぶつき組さんの子どもたちが遊びやすいようにしています。また、つき組さんにとって赤ちゃん(お人形)のお世話をすることは発達にとってとても大切な遊びであるため、ひとりひとりカゴのベッドに入れ、満足するまでお世話ができるようにしています。

ままごとコーナーの反対側には、廃材やプラステンなどを置き、それぞれの遊びが他の遊びに邪魔されることなく、十分に遊べるように配慮しました。その棚と同じ並びに積み木、子どもたちのロッカーの方に粘土や絵本を設置しています。

 今年はゴミ箱もティッシュも手の届くところに置いています。まだ、ティッシュを出すことや、ごみ箱に捨てることに興味深々で、必要以上にティッシュを出してしまいますが、鼻をかむこと、ごみを捨てることは大人になっても必要なスキルになるため、満足するまで出来るよう見守っています。

そら組

 そら組のお部屋の配置はほとんど変わっていませんが、それぞれのコーナーの遊びが一緒になることはなく、子ども達も遊びやすいようです。おもちゃは発達に適切か、数は適切かなど検討し、写真のような環境設定になりました。積み木を使って、最初は二人位で並行で作り始めたところ、徐々に一つの作品のようになるなど、友だちと関わりながら、日に日に遊びが変化する姿に驚かされています。

 各クラスの現在の環境設定について簡単にお伝えしました。今後も子どもたちの姿に合わせて、環境を整備し、満足するまで遊べるように配慮していきたいと思います。