Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

人形遊び

つき組に新しい手作り人形が導入されました。

人形遊びは、お母さんやお父さんにしてもらったこと(お世話)を自分もしてあげることで、優しい気持ちが育つきっかけになります。人形に対し、私たち保育者も自分の赤ちゃんにするように接して子どもたちに見せています。

 

ここで、人形について紹介します。

100

 

肌・・・手触りや抱き心地の良い柔らかい布をしようしています。

 

顔・・・あまり表情がありませんが、子どもたちが様々な表情に見立てられ、想像力や発想力が育つようにしています。

 

髪の毛・・・世界には、様々な色の髪の毛の人がいます。子どもたちには偏見がないので様々な髪の毛の色を用意しています。また、子どもたちが、自分で女の子にも男の子にも見立てられるような髪の長さにしています。

 

服・・・子どもたちが自分で着脱しやすいように、マジックテープを使用し、少し大きめに作っています。

 

子どもたちに渡すときは、一人ずつ保育者が優しく抱き、手渡しました。「わぁ!」と嬉しそうに抱きしめたり、じっと見つめて触れてみたりと最初の反応は様々でしたが、徐々に自分だけの赤ちゃんということを理解し、大切に可愛がってくれています。

103

 

また、自分の赤ちゃんだけでなくお友達の赤ちゃんも覚えて、「〇〇ちゃんの!」と言って指さす姿も見られます。

早速おんぶ紐でおんぶしたり、ご飯を作って「あ~ん」とあげていたりしました。

101

 

かごを持ってきてお風呂に入れてあげたり、絵本を読み聞かせたりしている子もいます。

105

 

午睡前、自分のベットに連れてきて一緒に入眠したり、午睡後「おはよう!」と声を掛け様子を見に行ったりと子どもたちの生活にも馴染んできたようです。

104

 

これから人形と一緒に、どのような子どもたちの成長が見られるか楽しみです。