Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

クッキー作り

8日(火)、クッキー作りを行いました。

 

0歳、1歳児クラスは、小麦粉粘土を遊びに取り入れました。袋に入った粘土を手で触って柔らかい感触を試したり、顔に当てて「つめたい~!」と温度を感じている姿もみられました。

  

保育者は、触れたり、見たり、嗅いだりする子どもの感覚に心を傾け、子どもの感動や発見に寄り添いながら、子どもの感性が豊かに育つように働きかけています。

      

    

2歳以上の子どもたちは、前の日にクッキー作りの話を聞いた為、どのクラスの子どもも当日は、「今日はクッキー作るんだよね!エプロン、持ってきたよ!」と、期待感を膨らませて登園していました。

 

クッキー作りの工程は、調理さんが行います。

   

説明を聞き終わると、写真を見て確認しながら慎重に材料を入れていました。材料を混ぜ、まとめ、「粘土みたいだけどにおいはいいにおい~!」(にじ)と感触やにおいを感じながら、生地を作っていました。「お家で作るときは道具(ヘラ)を使うから、手で混ぜるのは初めて!」(ひかり)といつもと違った感触を楽しんでいる子どももいました。

次に麺棒で力を入れながら生地を伸ばしていきます。保育者や調理さんと一緒に、薄くなるまで、集中して伸ばしている子どもたちです。

星やハート、動物の形の型を使い、クッキーの型抜きを楽しんでいます。中には、丸い形にしたり細長く棒状にしたりと自分で形を作って「これも焼けるかな~?どんな形にしようかな?」と試行錯誤している姿もありました。型抜きでは、集中して、生地がなくなるまで熱中していました。

型を抜き終えたら、調理室へ行き調理さんに、「焼いてください!お願いします!」と届けに行きました。

  

おやつの時間。自分たちが作ったクッキーに喜び、「これ僕が作ったクッキーだよね!」「色んな形があるね。」「おいしい~!」とお話をしながら食べている子どもたちでした。

翌日、昨日の楽しかった経験を思い出し、「今日もクッキー作りしたいな。」と話し、ラップの芯を麺棒、トイレットペーパーの芯を型に見立てて、型抜きをしてお盆に乗せて、「もうすぐ焼けますよ~!」と、クッキー作りの経験を再現して遊びにつなげている姿もみられました。

このように、実際に経験を通して食べ物の大切さや、食べることへの興味を育んでいきたいと思います。

    

ゆめ組は、17日にも、自分たちで育てた野菜(ナス)でクッキングを行います。お楽しみに!