Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

クッキー作り (オリオン組)

9月に入り、日が暮れるのが早くなった気がします。9月7日は白露でした。夜中に大気が冷え、草花や木に朝露が宿り始める頃、降りた露は光り白い粒のように見えます。日中の暑さも和らぎはじめだんだんと秋の気配が深まってきます。日中との気温差があるので、コロナ対策と共に風邪予防に気を付けていきたいですね。

9月8日(火)にオリオン組がクッキー作りをしました。

いつも遊んでいる小麦粉粘土との色や香りの違いに気づいたオリオンさん。「小麦粉だけじゃなく、卵とお砂糖とバターと牛乳も入っているんだよ。」と保育者が言うと「ぐりとぐらみたい!」と言う子がいたり、においをかいで「甘いにおいがする」と言う子もいました。
こねた材料をのばします。真剣な表情ですね。
型抜きをして、またこねて平らにして、繰り返しの作業ですが、みんなじっくりと取りくんでいました。
保育者は生地をのばすだけで、ほとんどの子が自分で型ぬきをしました。型から外して自分でクッキングシートの上に並べている子もいました。 きれいに型抜きできましたね!
調理室で焼いていただき、おやつに出てきたクッキー。とっても嬉しそうです。
すばる組のみんなも 「おいしい!」ともぐもぐ。おやつの後、すばる組さんから「オリオンさん、クッキー作ってくれてありがとう」と声をかけられてうれしそうににっこりしていました。
食べる事が好き、食べ物に関心を持つことはこれから成長していく子どもたちにとって大切なことですね。食事やおやつがどのように作られているのかを知り,作ることにも興味を持ってもらいたいと願っています。