Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

カレー作り

そら、にじ、ひかり、ゆめ組の子ども達でカレー作りを行いました。

  

何日も前から楽しみにしている子どももいて、当日の朝は「カレー作るの今日?」「かわいいエプロン持ってきたよ!」と保育者や他児との会話を喜んでいる様子でした。

 

こどもたちの大好きなカレー。どのように作るのか、何が入っているのか、等絵本を通して導入をすると、お家のカレーには何が入っているか…保育者や友達同士での会話が広がっていきました。

   

       

最初はじゃがいも、人参を洗います。「こんなに真っ黒なんだね!」と

洗っていくうちにどんどんきれいになっていく野菜の様子に驚く子どもたちでした。

   

次に、玉ねぎの皮向き、にんじんの皮むきではひかり、ゆめ組はピーラーにも挑戦。

「みてみて!茶色い皮剥いたら、白くなったよ!」と気付く子ども、どこまで剥いたら良いんだろう…。と考えて剥いているうちにどんどん小さくなってしまう子も。

どこが食べられるところなのか、保育者や調理員と確認をしながら、行いました。また、玉ねぎの時は「目が痛い~!」「スーッとしたにおいがする。」と、特徴にも気付いているようでした。

  

更に、じゃがいも、人参の型抜きも行いました。

「にんじんはかたいな~、じゃがいもは柔らかいから自分でできたよ!」と、野菜によって硬さが違うことにも気付きながら、自分で型を抜いたり保育者と一緒に型を抜いていきました。

  

 

ゆめ組は実際に火を使ってお部屋でカレーを作りました。カレーのルーをみて、「チョコレートみたいな形してるね!」と話しつつ、カレーのルーの匂いかぎながら「早く食べたいね~!」と一生懸命作っていました。

    

   

待ちに待った昼食の時間、「これぼくが作ったじゃがいも!」と、自分たちが作ったカレーの具材に大喜びな子どもたち。

友達や、保育者と一緒に「おいしいね~!」と、カレーづくりの事を振り返りながら、食べていました。

  

野菜が苦手な子も、食べてみようかな、と口にしている姿や、「もっと食べたかった~」「お家でも作りたいな」と満足そうな様子でした。

中には…「ちょっと疲れた~」とつぶやく子も。自分たちの目の前にカレーが出てくるまでの工程、そして大変さを知ったようです。

   

保育園では、このような調理体験を通し、食材に触れるおもしろさを経験したり、普段食べている物がどのように作られているかを知る経験が出来るようにと考えています。

引き続き、日々の食事の中でも、子どもたちが食を営む力を育んでいけるよう、丁寧に関わっていきたいと思っています。

    

    

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!

☆彡 プライムスター保育園グループPV

☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』