Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

ほし組

4月に新しく入園してきたお友達を迎えてもうすぐ一年が経ちます。

思い返すと、本当にいろいろなことが出来るようになって、0歳児の成長著しい姿には感動を覚えます。

今回はほし組さんの一年の様子を振り返って行きたいと思います。

 

 

 

4月当初はハイハイ、つかまり立ち、ずりばいや寝返り。段差に気づかずそのまま突き進んだり、降り方がわからず転んでしまったりしていました。

現在子どもたちは体を動かすのが大好きで「おそと!」と自ら準備をしようとしています。

 

歩くのはもちろん、走ることも上手になり、また手先を使うことも上手になりました。園庭では水や泥、土遊びを楽しみながら段差や傾斜を難なく歩き、走っています。

一番近くの氷川神社では木の根っこのアスレチックや高さが丁度良い石の橋、植木のトンネル、斜面滑りなど、体全体を動かして遊んでいます。

行き帰りは、保育者と手を繋いで、歩いてお散歩できるようになりました。

場所や人に慣れず保育者の近くで遊んでいた姿から、現在は自由に探索活動をしています。

 

 

 

 

 

周りの人への興味も広がり、保育者の模倣やオウム返し、お友だち同士同じ動き(一か所に集まって絵本を読む、同じ玩具を使ってそれぞれ遊ぶ)を楽しんだり、手を洗いに部屋を出る時に気付いていない友達を呼んだりする姿が見られます。

 

「自分でしたい」という気持ちが大きくなり、食後に自分で口を拭こうとしたり、ズボンやオムツを自分で選ぶ、座ってズボンに足を通してはこうとする、脱いだ服を畳んでしまおうとする、などなど自分のことを自分でやってみようとする姿が見られるようになりました。

 

話したい、伝えたいという意欲も高まっています。保育者の膝に座って絵本を読んでもらったり、知っているものを指さしてその名前を言ったり、よく聞く言葉を言ってみようとしたり。言葉への興味もぐんぐん広がっています。

 

入園当初は朝保護者の方と離れるのが不安、遊んでいるふとした時に思い出してしまって不安、だったほし組のお友だちですが、すっかり保育園や先生にも慣れ、のびのびと日々の生活を送っています。

 

 

 

 

 

 

 

毎日の小さな成長の積み重ねで、本当にいろいろなことが出来るようになりました。

4月からはつき組へ進級です。

楽しく、その子らしく、安心して園生活を過ごすことができたのは保護者の皆様の毎日のご協力があってこそです、ありがとうございました。

来年度もよろしくお願いいたします。

 

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!

☆彡 プライムスター保育園グループPV

☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』