Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

ほし組の1年間

ほし組では入園当初、初めての環境での生活が始まりました。

「オムツすっきりしようね」「おいしいね」等の気持ちの共感や代弁していくこと、そして触れ合いを繰り返し行っていくことで、愛着形成を築いていきました。

  

散歩に行く際には、「お散歩行こうね」「靴下はこうね」「お日様あったかいから頭に帽子をかぶろうね」と1つ1つ丁寧に言葉を掛けたり、靴下を履く際にも「足に履こうね」と足に触れたりと、『一緒』に行うことを繰り返してきました。

    

次第に、動作と言葉が結びついたり、足腰や手指の動きも器用になり、「帽子!」と自分の頭を触れて見せてくれたり、ロッカーから自分の靴下を出して足に当て履くような仕草をみせてくれるようになりました。

   

「そうだね、帽子かぶろうね」「自分でやりたいね」とその姿に共感し、気持ちを受け止めていくことで自己肯定感が上がり『自分でしたい』意欲が培われていくように関わりました。

   

それらを繰り返していくことで今では保育者が「お散歩行こうか」と言葉を掛けると1人1人が帽子や靴下、上着をロッカーから取り出し、自分で履いてみたり、保育者の膝の上に座り、一緒に支度をしようとする姿が見られます。

    

その都度、『1人でやりたい』『見ててほしい』『一緒にやりたい』等、1人1人の気持ちを汲み取り、それぞれに合った援助、応答をしていくことで『満足感』を得られるよう努めてまいりました。

    

愛着形成を基盤として、様々な経験を通して6人が沢山の成長する姿を見ることができた1年となりました。

日々のご協力、誠にありがとうございました。

    

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!

☆彡 プライムスター保育園グループPV

☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』