Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

ほし組の保育者や友達とのやり取り

今週は、ほし組さんの様子をお伝えします。

最近は、保育者や友達とやり取りをしながら遊んだり、過ごすことが多くなってきました。

先日こんな姿が見られました。

どんぶりにフェルトやくるみ等を入れ、ご飯に見立てたものを保育者や友達にれんげで食べさせてあげていました。お友達の口元に交互にもっていって、お互い嬉しそうに笑顔をみせていました。その後保育者のところへ行き、汁物に見立てたのかどんぶりに口をつけて飲む仕草をしていたため、保育者も同じようにするとさらに嬉しそうな表情を見せていました。 

 

今までは器に入れて自分で食べる遊びをしていましたが、おままごとでの保育者とのやり取りや、給食、家庭でのこと等のいろいろな経験をおままごとで再現するようになったと感じます。日々のことを振り返ったり、家庭での様子を想像したりしながらそれぞれの姿を受け止め言葉にしていくことで、言葉の獲得にも繋げていけるようにし、やり取りの中でさらに発展していけるようにしたいと思います。

  

また、こんな姿もありました。

近くでそれぞれ積み木で1人遊びをしていた2人。遊びの途中で友達の存在を意識し始め、手に持った積み木を相手に渡していました。お互い目を合わせあい、やりとりを喜んでいました。

周囲の子と関わる中で、やり取りがうまくいかず、トラブルになってしまうこともあります。そのような時には、それぞれの気持ちを受け止め、丁寧に関わりながら代弁していくことで気持ちを立て直し、相手の存在や思いへの気付きに繋がっていけるようにしています。

 

愛着形成ができた保育者との関わりの中で人への信頼感が芽生え、周囲の人への興味や関心が高まり自ら関わりをもとうとしています。必要な場面では保育者が介入し思いを代弁することで、人と関わり合うことの楽しさや、一緒に過ごすことの喜びや安心感を感じられるようにしていきたいと思います。

 

今月でほし組で過ごすのも最後となりました。入園当初はハイハイや伝い歩きをしていた子どもたち。少しずつ歩行が安定し、運動機能がかなり発達しました。安心できる保育者のもとで、自分の思いを声や仕草で主張したりとのびのびと自己表現する姿がみられるようになり、嬉しく思います。大きく成長した1年となりましたね。これからの成長を、楽しみにしています。

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!
☆彡 プライムスター保育園グループPV
☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』