Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

ひなまつり

 

 ひな祭りの3月3日は、もともと季節ごとの食物を神様に供える五節供(ごせっく)のひとつで、「上巳(じょうし、桃の節句とも)」の日です。中国の古い習わしから、水辺でみそぎをする日とされ、それが転じて人形に穢れ(けがれ)を移し、水に流してお祓いをするようになりました。 この人形がのちにひな人形となり、上巳が女子の祝い日とされていたため、女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」となっていったといわれます。

 

3月の室内装飾として玄関に雛人形(折り紙)、ひし餅、桃の花を飾りました。

ひし餅はひし形になっていますが、これは心臓を表すとも、桃の葉を表すともいわれています。ひし餅の色の白は雪、赤は花、青は若草、黄色は紅葉を意味し、四季を表現しているのです。

桃の花は中国では長寿のシンボルとされています。門にさしておくと邪気を払うという言い伝えから、祝い花として使われるようになりました 。

 

子ども達と観察した様子です。

桃の花の匂いを嗅いだり、ひなまつりの絵本を見ながらお内裏様とお雛様を見たり、保育者が口ずさむ歌に興味を示したり、様々な姿が見られました。

 

3月3に給食やおやつはひなまつりメニューでした。ちらし寿司の中に入っている知っている具材を保育者に伝える姿や、おやつのゼリーの中に入った桃を「これなんだろう?」と疑問を持ち、保育者が「玄関に飾ってある木の果物だよ」と言うと「桃だ!!」と気づく姿もありました。

 

次の日の連絡帳では「ひな祭りだったので家でもちらし寿司を食べました」「ケーキを食べました」などお家でもひなまつりを楽しんだ様子を伝えて下さる方も多くいらっしゃいました。

ほし組では、絵本のちらし寿司の写真を見て「ママ!」と伝える姿があり、「おうちでママと食べたんだね」と寄り添うと「伝えたい事が伝わった!」と満足そうな笑顔が見られました。保護者の方がご家庭での様子などお話しして下さるので、お家や保育園での経験が結びついたり、思い出したりする子どもたちも姿にも寄り添う事が出来ました。

   

 3月に入り今年度も残り1か月となりました。子ども達の成長を1日1日大切に見守っていきたいと思います。

 

 

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!

☆彡 プライムスター保育園グループPV

☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』