Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

つき組の自由遊び

雨の日がしばらく続いていて室内で過ごすことが多くなっています。今週はつき組さんの自由遊びの様子をお伝えしていきます。

 

最近はお絵描きを好んでよく遊んでおり、白い紙にクレヨンを滑らせる感覚や自由に描くことを楽しんでいます。誰かがお絵描きを始めると「私もやりたい」と他のお友達も集まってきて遊んでいます。時には「〇〇描いたの」と伝えてくれることもあり、「みかん」や「わんわん」など、自分の中で思い描いたものを表現できるようになってきています。

先日、持っていたクレヨンの色が手についたのを見て驚き「あっ!」と手のひらを保育者に見せてくれました。そして、クレヨンが手につくと気づいた子は今度は紙に描いた部分を手でこすり、手につくのか試していました。遊ぶ中で様々な気づきがありますね。このような子どもたちの気づきや発見を大切にし、寄り添いながら関わっていきたいと思います。

 

ままごと遊びでは、チェーンリングをシェイカーに入れジュースに見立てて遊んだり、フライパンで炒めてお皿に盛り料理を作っています。

チェーンリングの輪の部分にフォークをさして器用に持ち上げ、お皿に移しています。料理が出来るとスプーンを使い食べる様子を模倣して「美味しい~」とお話しています。一口食べるごとに「たっ!」と手を合わせてごちそうさまでしたの挨拶をしているお友達もいますよ。コンロの上にフライパンを乗せて「あちち」と物を言う姿もあり、身近な大人の模倣をして遊んでいます。食べ物に見立てておままごとで遊ぶ姿は1歳児ならではの姿ですね。今後もおままごとがどんどん発展していくように保育者がモデルとなって一緒に楽しんでいけたらと思います。

 

廃材遊びとしてチラシ等の古紙を設置しています。紙を手で破く際に感触や音を楽しんでいて、破く際に保育者が「ビリビリするね」と声を掛けると破きながら「ビリビリ」と聞こえてくる音を言語化する姿もあります。小さくなった紙片を集めて上に投げ、ヒラヒラと落ちていく様子に手を叩いて喜んだり、一枚の紙を上から離し落ちていく様子をじーっと目で追いかけています。

これからどのように遊びが発展していくのかとても楽しみですね。雨の日も五感を使ってじっくり遊べるよう環境を整えていきます。晴れた日には水遊びをして夏ならではの遊びも楽しんでいきたいと思います。