Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

つき組の散歩風景

今週はつき組のお散歩の様子をお伝えします。園周辺をまわることから園外に出ることに慣れ、今週は近くの公園まで行きました。初めての公園にワクワクした様子で夢中になって遊んでいましたよ。

スコップや車の玩具を使ってバケツに砂を入れて遊んでいました。色々な容器を使って砂を入れることが楽しかったようで、様々な玩具を手に取っていましたよ。砂以外にも石を入れてみたり、湿って色が変わった違う色の砂を混ぜてみたりと試行錯誤しながら遊んでいました。「先生、おかわりどうぞ」と保育者に食べさせるふりをしたり、ありを見つけて「ありさん食べるかな」とあげてみようとしてみたりとままごと遊びにも発展していました。

 

砂場のふちが道路みたいだと気付き車を走らせたり、ベンチの上を夢中になって走らせたりする姿もありました。

バケツを持って公園内を歩いて探索遊びもしていました。公園内にある看板が気になって指さしをしたり、近くにある駐輪場の自転車を眺めたりと周囲のものにも興味津々でした。また、飛んでいるトンボ等を見つけて「トンボいた」「ちょうちょいた」と指さしをして保育者に伝えていますよ。園に戻った後、図鑑のトンボのページを開いて「さっきトンボいたね」と話をしていて、実際に見たものと図鑑で見たものを照らし合わせています。秋という季節を感じながら身近な昆虫に親しみを持てるよう、図鑑も活用していきたいと思います。

 

同じ公園に繰り返し行くことで飽きてしまうということはなく、昨日のことや一週間前とのつながり、木々や自然の変化、季節の移り変わりを子どもたちは感じているので、子どもの発見や気づきに共感できるような関わりを大切にしています。

涼しい日が続いていますので、半袖と長袖を調整しながら快適に過ごせるようにしていきます。

 

歩いて探索することも楽しんでいるので、靴はお子様に合った歩きやすいものを用意していただくようご配慮お願い致します。子どもたちの安全を確保しながら、お散歩の時間が楽しく有意義なものになるようにしていきたいと思います。