Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

つき組さんの様子

今週はつき組の様子をお伝えします。

つき組さんでは、友達や周囲の関心も高まり身の周りのものを一人占めしたい姿も見られています。

他児が持っている玩具を見て同じように遊びたいと子ども同士で玩具を取り合う場面も見られます。保育者はさりげなく同じものを用意したり、一人ひとり満足して遊べるよう数も整え配慮しています。

その中で、「貸してあげて」や「取っちゃいけない」などの声掛けはせず、互いに使いたい気持ちを受け止め温かく受け入れるように関わっています。

気持ちを受け入れられていくことを積み重ねて、子どもたちは少しずつ自分と他児の気持ちは違うことも気づいていきます。

また、この時期は傍にいる子どもたち同士で同じ表情や動作をし面白がったり 笑い合ったりと興味を示していきます。

こうした関わる経験を積み重ね自分から働きかけていく姿が見られていきます。

同じ空間で同じ遊びをしていても心の中で感じていることは子どもによって様々なので、一人ひとりの思いや表現を受け止め、子どもたちの仲立ちをしています。

つき組さんでは、素材として様々な空き箱を設置しています。

この箱はどうやって開けるのかな」「どうやったらしまるかな」など試しながら遊ぶ姿が見られています。箱には身の回りのものを入れたり、出したり、包もうとしたりと考えて遊ぶ姿も見られ、箱の種類や数も多く設置しています。

子どもたちが遊びの中で試行錯誤し、自ら考えて遊べるよう環境を整え見守っていきたいと思います。 今月より保育参観が始まっております。お子様と共に過ごす中でどのように遊んでいるのか見守って頂けたらと思います。