Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

つき組さんの戸外遊び

今週は、つき組さんの戸外遊びの様子を紹介します。

PM2.5の値が安全の範囲内であり、その他の注意報が出ていない日にはお散歩に行っています。

クラス全体の体調や気持ちによっては、室内でじっくり遊んで過ごす日もあります。

子ども達は、戸外遊びが大好きです。

つき組さんは、この日は柿の木坂公園に行きました。

手繋ぎ歩きにも慣れてきて、公園で遊ぶことを楽しみにしながら意欲的に歩いています。

手を繋ぐ位置は、保育士とも繋げる内側が良い、すれ違う色々な物を触ることができる外側が良い、と一人一人の意志がはっきりしています。

柿の木坂公園での人気スポットは、このベンチです。

電車や車に見立てて、運転手さんになりきっているようです。

座ったり、下をくぐり抜けたりすることも好きなようです。

拾ってきた落ち葉や木の実を切り株に詰めたり、

とても狭いスペースを通ってみたり、、、

様々な動きや体勢をとることで、身体能力もぐんぐん高まってきました。

子ども達の遊びの発想には、感心させられることばかりです。

伸び伸びとやりたい事ができるよう、安全に気を付けながら見守っています。

また、トイレの裏のスペースも大好きで、何周も何周も駆け回る姿も見られます。

子ども達からは、表から見えない場所となっているので、秘密基地のような特別感があるのかもしれません。

戸外遊びは、沢山の自然物と触れ合うことができて楽しい反面、重大な事故が起こりやすい活動の一つでもあります。各クラス必ず保育士が2名つき、こまめな人数確認を行っています。

自然に触れて感動する体験を通して、季節の変化を感じたり、身近な動植物への関心や愛情を高めていけたらと思います。