Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

そら組の様子 素材に触れる 

今週は、そら組の様子をお伝えします。

そら組では、友だちとの関わりを通して自分の思いを言葉で表現しようとする姿が見られます。友達の遊びに興味を示し模倣する姿も見られています。

遊びの中では、様々な素材に触れる環境を整え、自由に表現できるよう見守っています。

お庭では土に触れる中で、水にも興味を示しています。水を少しずつ土に加え、土がトロトロになり「チョコレートみたいだね。」と混ぜたり、たくさん水を入れ「コーヒーだよ、パパが飲むんだよ」と身近な大人の姿を見て模倣し遊びの中に取り入れている様子があります。

また、前回作った土のお団子やケーキが乾いて固くなり、白く色が変わっているのを見て、「どうして?なんで?」と不思議さや考える姿も見られ素材への興味が広がっています。次遊ぶときはどのようになっているか楽しみな子どもたちです。

室内では、ビニールテープをさりげなく置き、様々な空き箱を繋ぎ合わせたりと

自由に表現し遊ぶ姿が見られます。

窓にテープが貼りつけてあるのを見て「消防車つくりたい」と自分なりに消防車を形で作ってみたり、様々な形や数字に興味を持ち始めている子も見られます。



素材に触れる中で、子どもたちからイメージしたものを形にすることを楽しんでいます。この写真は舌をだしているへびとと保育者に伝えていました。

子どもたち一人ひとりの表現を共感しまた、子どもたちの姿や発達に合わせ様々素材に触れる機会を設けていきたいと思います。