Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

そら組の散歩の様子

今週はそら組さんの戸外遊びの様子をお伝えします。公園に向かう道中にある駐車場に1から11までの数字が書いてあり、数字を読み上げて合唱しています。数字やひらがなに興味が出てきて、子どもたちが自然と数字を数えだしました。公園までの道のりも、いつも通る中での景色の変化を見て楽しんでいます。

公園では、それぞれが興味のあるものでじっくり遊んでいます。砂場のふちに向けて砂をスコップで掘っていると、段々と掘ることから山を作ることに目的が変わっていきました。

山を作っていたら他の子も集まってきて、ろうそくに見立てたスプーンやフォークを刺して「ハッピーバースデー」と歌い始め、偶然できた形からイメージを膨らませて遊びを発展させていました。先日のブログでお伝えしたそら組のままごと遊びの記事で、室内でもケーキを作っていましたが、戸外ではまた違う素材で色々試しながら遊んでいます。

小さい石を並べている子と、砂を混ぜて遊んでいる子。

隣で別々のことをして遊んでいたのですが、独り言から会話に繋がり2人で一緒に「~かなあ」「~だよね」と話しながら石や砂を混ぜて遊びだしました。

遊びを通して子ども同士のやりとりも少しずつ増えてきています。

それぞれが興味のある玩具や遊び方で遊びながら、十分に探索活動ができるようにしています。また、自然物に触れたり、空気や風を肌で感じることで季節の移り変わりを味わっています。最近は一気に空気が冷たくなりましたが、日中は体を動かすと暖かく感じられることもあるため、暑い・寒い等の感覚に自分で気づくことができるようさりげなく関わりながら、上着や衣服の調整をして戸外遊びを楽しんでいきたいと思います。