Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

そら組さんの積み木遊びの様子

今週は、そら組さんの積み木遊びの様子を紹介します。

そら組さんには、正方形と長方形の積み木、フェルトがあります。

子ども達は、積み木を身近なものに見立てたり、自分なりの方法や目的で工夫しながら組み合わせたりしています。

進級当初は、直線的に並べて”線”を作っていた子ども達が、現在は立体的に組み合わせながら積んで”面”を作って遊ぶようになりました。

試行錯誤を重ねながら遊ぶ中で、崩れてもまた立て直せば良い、どのように積むと崩れにくいか等と、その性質にも気がついてきたようです。

こちらは、一人の子が「クリスマスツリーをつくっているの」と言うと、気が付いた子たちも自分のクリスマスツリーを作り始めていた場面です。

一人一人の世界観を大切にしながら、充分な数やスペースを保障できるように配慮しています。

こちらは、保育園や病院に見立てて作った場所に、入りたいお友達を探して招待していたようです。

積み木遊びは、完成した形も素敵ですが、試行錯誤を繰り返して作っている過程にこそ、子ども達の思いが詰まっていますよね。

子ども達が自発的に考えて遊びを展開していけるような見守りを続けていきたいと思います。