Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

そら組さんのクッキー作り♪

  

 先日、そら組ではクッキー作りを行いました。「あと何回寝たら?」と登園の度に保育者に尋ね、楽しみにしていたそら組さん。当日バンダナを持って、「早く作りたい!」とワクワク!ウキウキ!の様子でした。

   

早速バンダナをして準備万端。まずは作り方の紙芝居をみんなで楽しみました。保育者からの質問に対して材料の名前を言ったり、みんな真剣な表情をしていました。楽しそうな声を聞いて、隣のクラスのつき組さんもひょっこり顔を覗かせていました。

 紙芝居が終わると、調理師さんが生地を持って来てくれたので生地を伸ばすところからやってみました。実際に生地を触ってみると「柔らかいね」「ふわふわしてる〜」と生地の感触を楽しんでいました。又、「卵みたい」「いい匂いがするね」と匂いをかいでいる子もいました。ぎゅっと生地を押してみるとぐにゃっとへこみ、だんだん生地が伸びていきます。手で伸ばしたり、麺棒を使って伸ばしたり、試行錯誤しながら一人ひとりの個性を発揮し取り組んでいました。

そして好きな型選んで型抜きのスタートです。「見て見て!」と嬉しそうに型が取れた事を教えてくれました。うさぎの型がお気に入りで全部うさぎ型にする子、「おだんごで作りたい」と丸めてみる子、型を押し付けたあと他の生地までくっ付いてくることに気付きもう片方の手で生地を押さえながら型を取る子などよく考えながら作っていました。

 給食の時間に「クッキーまだ?」と尋ねるそら組さん。「今オーブンで焼いているんだよ」と伝えて楽しみに待ちました。

いよいよ待ちに待ったおやつです。「これ〇〇が作ったの」「美味しい!」と嬉しそうな表情が沢山見られました。自分たちで作ったクッキーは、より一層美味しかったでしょうね。「赤ちゃんたちも美味しいって食べてるかな?」と他のクラスの様子も気になっている様子でした。

 ほし組、つき組では「そら組さんが作ってくれたクッキーだよ」と伝えながらおやつを食べました。「何の形かな?」と形を見ながら美味しそうに食べていました。

 そら組さんはクッキー作りがとても楽しかったようで、終わったあとには粘土でクッキーを作ったり、おままごとの丸いフェルトをクッキーに見立てて「オーブンで焼くよ」と楽しむ姿も見られていました。様々な体験を通して興味や関心が広がっていますね。その姿をこれからも大切に、さらに食への理解も深まっていくような経験を重ねていきたいと思います。