Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

そら組 積み木遊び

今週は、そら組の積み木遊びについてご紹介します。

試行錯誤しながら遊ぶ中で、以前よりもさらに遊びが発展してきています。

まっすぐ積み木を並べていたところからどんどん想像が膨らみ、「おうち」「線路」「動物園」等を作っています。1つの枠に入っている積み木を全部使って遊んだりと、集中して遊びこむ姿があります。

積み木が入っている枠と枠の間にも積み木を置いたり、動物や木のパーツを置いて工夫しながら遊んでいます。「おうち」に見立てて遊んでいると、玄関、トイレ、お風呂等の具体的な場所を自分で考えながら遊んでいます。自分の家の構造を思い出しながら積み木で再現しているようです。

ドミノのように積み木を並べて倒して遊ぶ姿もありました。積み木と積み木の間隔が広いとうまく倒れないことに気づき、間隔を狭くして工夫していました。思ったように積み木が倒れると喜んでいましたよ。

 

自分の中で想像力を存分に発揮しながら、積み木で自由に表現していますね。友達が積み木で遊んでいる様子を見て、積み木の配置を模倣して近くで同じものをつくる姿もあります。友達の遊びが魅力的に感じて模倣したりと、一緒に過ごす中で影響しあいながら遊んでいます。

保育者は子どもが困っている時に「こうしてみる?」とさりげなく提案をして、自分で考えることができるように一緒に考えたり、子どもが自分から保育者に話したくなるような関わりを心掛けています。完成したものを評価するのではなく作る過程を大事にし、見守り、声掛けを行っています。

 

そら組での生活もあと少しとなりました。転園することで保育者や友達に会えなくなってしまうことが「寂しい」と感じている子もいるようです。最終日まで、1人1人が満たされながら過ごすことができるような関わりを心掛けていきたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・

 

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!
☆彡 プライムスター保育園グループPV
☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』