Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

そら組 クッキー作り

先日、食育としてクッキー作りを行いました。

小麦粉粘土遊びを行った時に、クッキー作りをすることを伝えていたため、家でクッキー作りを楽しみにしていた子もいたようです。事前に「さっちゃんのクッキー」という絵本を読んで作り方を簡単に確認してから行いました。

  

冷えた生地を両手を使って伸ばしていきます。生地の冷たさを感じながら、指で押して感触を確かめたり、匂いを嗅いでみる姿がありました。伸ばし終えると、好きな型を選んで型抜きをしていきます。早く型抜きをしたくてうずうずしていた様子でしたよ。「うさぎ(の型)にする」「次はこれ!」と自由に選んでいました。思ったように型がとれると、「先生、できたよ」と見せてくれる姿がありました。

1つ1つ丁寧に型をとってトレーに並べていく子もいれば、次々と型をはめていく子もいて、思い思いの方法で型抜きに挑戦していました。とても真剣な表情で、集中しながら行っていましたよ。

型から生地を取る時も、真剣です。力を入れすぎると形が崩れてしまうことに気づき、指先を器用に使いながらそっと取っています。細かい動きや力の加減ができるようになってきていますね。

 

待ちに待ったおやつでは、様々な形のクッキーを見て「これ私が作ったやつ」と言って嬉しそうな表情を見せていました。調理師さんに対して「焼いてくれてありがとう」と言う姿もありましたよ。

ほし組、つき組には「そら組のお友達が作ったクッキー」ということを伝えると、嬉しそうな表情を浮かべていました。お友達が作ったクッキーは、美味しさが増すような気がしますね。

園での食育を通して、普段口にしているものがどうやって作られているのか、という過程を知るきっかけになればと思います。また、実際に食材に触れてみることで、調理をすることの楽しさや自分で作ったものを食べる喜びを一緒に感じていきたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・

 

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!
☆彡 プライムスター保育園グループPV
☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』