Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

おそうじ

 もうすぐ進級の時期が近づいてきましたね。ひかり組さんでは日ごろからお掃除をしたり、給食前の台拭きを子どもたちが自発的に行ってくれる場面が多くあります。子どもたち自ら「やりたい!」「やってみたい!」という気持ちを受け止め、子どもたちが取りやすい位置にお掃除用具を置くことにしました。

普段から保育士も使っている物を置いたことにより、より、お掃除したい!という気持ちになってくれたようで、「あ、ここ汚れてる!」と汚れに気付き率先してお部屋を綺麗にしようとしてくれています。
雑巾を力いっぱい絞り、足や腰を使い一生懸命床掃除。「あ!向こうもやろう!」と掃除の範囲をどんどん広げていました。
こちらは、スポンジを使って水道掃除です。特別、保育者が声掛けてはいないのですが、自ら蛇口の裏まで隅々磨いてくれていた姿に保育者も驚きました。綺麗になると「先生!!できたよー!」と表情もピカピカの笑顔で教えてくれました。
このように、子どもは、愛着形成を築けている保育者の行動をよく見ているのです。
 
綺麗になった気持ち良さを一緒に共感しつつ、日々保育者がモデルとなり、お掃除や片付けを進めていくことで、子どもたちもその心地良さに気付き自ら「やろう!」という気持ちが芽生えています。子どもたちの意欲を大切に今後も保育者も率先して居心地の良い環境を整えていきます。