Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

【ひかり組】廃材製作

 今回は、ひかり組の子どもたちの製作についてご紹介します。

 

 空き箱や段ボール、卵パックや食品用トレーなど、様々な素材や性質を持つ廃材を使って、それぞれの特性を活かしながら組み合わせ、子どもたちは日々自分が思い浮かべているイメージを形にしようと夢中になって遊んでいます。

 

製作というあそびの中で、同じ目的を持った子ども同士が集まり、会話の中でイメージや「こうしたい」という思いを伝え合いながら過ごしています。
物と物を組み合わせるために、高さや大きさなどを観察して、バランスを整えていました。
発泡スチロールを切ると、少しの風や静電気などですぐに動いてしまい、扱いにくいことに気付きます。そこで諦めてしまうのではなく、力加減を調整したり、保育者にエアコンの風を止めてほしいと解決策を考えて伝えたりと、工夫をする姿が見られました。
はさみやテープ、油性ペンやのり、絵の具など、素材や目的に合わせて道具を選択して使っています。
大きなダンボールを使って、気の合う子ども同士で協同して製作を進める姿もありました。
物を組み合わせていく中で「こうすると、ショベルカーみたいになるね」とひとりが呟いたことで、イメージが具体的なものになっていきます。共有したイメージをもとに、ひとりひとりが自分で自分の役割を見つけて、製作を進めていました。

  

 子どもたちは、自分が選んで決めたことには根気よく取り組み、試行錯誤を続けるなかで様々な経験や発見を重ねていきます。

 そうした気付きや心の動きに保育者が丁寧に寄り添うことで、自信を持ち、物事への興味関心が深まり、更にあそびが発展していくよう関わっていきたいと思います。

 

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!

☆彡 プライムスター保育園グループPV

☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』