Menu
×

ファーストスター、リトルスター保育園

  • 教育方針について
  • プライバシーポリシー
  

お知らせ

【そら組】うどん作り

 

7月2日(木)にそら組のお友だちはうどん作りを経験しました。

保育者が紙芝居を読み始めると興味を示し、そばに寄ってくる姿が見られました。指を差し「これ、なあに?うどん?」と言ったり、「作るの?こねこねするの?」と保育者に尋ねたり“うどん”や“作る”ことへ関心を深めているようでした。

保育者と手を洗い、うどん作りが始まると初めは「なんだろう?」というように生地を触ったりする姿がありました。保育者が生地を触りながら「やわらかいよ」「少しべたべたするね」と生地の感触を丁寧に伝えていくと徐々に慣れていき、「ほら見て、びよーん!」と生地を伸ばして見せたり、「いちに!いちに!おいしくなぁれ!」と言いながら生地を一生懸命踏む姿が見られました。

また、玩具の包丁を持ち、「ちょっきん」「今うどん作ってる」と伝えながら生地を切っていました。

調理体験を通して“食”への興味・関心が深まるようそばで見守りながら「美味しくなるといいね」「おやつが楽しみだね」等の言葉掛けをしました。

おやつの時間には「これ僕が作った?」「美味しい」と言いながら嬉しそうに自分たちでこねたうどんを食べる姿が見られました。「自分で作ったから美味しいね」「こねこねするの楽しかったね」と子どもたちの気持ちに寄り添い、調理体験での経験と繋がるよう関わっていきました。

今後も様々な調理体験において“自分で作る・食べる”という経験をしていく中で“食”に対する“楽しい”という気持ちや興味が十分に培っていけるようにしていきます。

☆彡 プライムスター保育園 動画 で検索!

☆彡 プライムスター保育園グループPV

☆彡 ショートムービー『子どものゆいと30歳のゆい』